アール・ヌーヴォー、ヴィクトリアン

NYで買い付けた商品を、美容室『KYARA』に置かせていただきました。

kyaraphoto (1)

1940〜50’sの12Kゴールドのバングル、
1930’sのヴィクトリアンのブローチ、
1890’sのアール・ヌーヴォーのブローチ(長方形の大きなもの)
1960’sのラインストーンのブレスレットなどなど。。。

年代は様々ですが、
”ベーシックなコーディネートにさりげなくつけていただくと
たちまちエレガントさが醸し出されるもの”
を選んで置かせていただきました。

映画『華麗なるギャッツビー』に刺激を受けた方、
自由が丘にお越しの方、
ぜひお店に足を運んでください!

広告

関西ウォーカーに登場

2013年4月16日号の『関西ウォーカー』の別冊、
京都Walkerで吉田羊さんが表紙を飾られました。
(嬉しいことにサイン付きで本誌をいただきました!)

walker

若草色のアンティークのお着物に、TWISTED ELVESのイヤリングを合わせていただいています。

walker2

商品の詳細はこちらをご覧ください。

51918209

羊さんのブログでもご紹介いただきました。
羊さん、ありがとうございます!
http://ameblo.jp/hitsuji1118/day-20130411.html

インタビューと、お着物がとってもお似合いな
羊さんの写真がこちらに掲載されています。
http://news.walkerplus.com/article/38124/

羊さんのように、イヤリングをさりげなくあわせていただいたり、
帯留めにアンティークのブローチをお使いいただいたりと
お着物に合わせてもなじむのはアンティークの良さではないかと思います。
装いにオリジナリティも出せるので、おすすめです。

ダイアナ・ブリーランド

明けましておめでとうございます。
昨年はたくさんの方に支えられていることを実感した一年でした。
心から感謝しております。
本年も何卒よろしくお願いいたします。

今年一番最初に観た映画は『ダイアナ・ヴリーランド 伝説のファッショニスタ』
20世紀の華麗なるファッション界の女帝、ダイアナ・ヴリーランドの生涯と彼女の本質に迫ったドキュメンタリー映画です。

美と才能を見極める目とずば抜けた想像力で、バーブラ・ストライサンド、ツィギー、ミック・ジャガー、ローレン・バコール、シェールなど、たくさんのスターを見いだし、マノロ・ブラニクに靴をつくることを勧め、ジャクリーン・ケネディのファッションアドバイザーでもあった彼女。

貴族や富豪でもなく、特別美人でもなかった彼女がどうやってダイアナ・ヴリーランドに成り得たのか??

「いい人生は1つだけ。自ら望み、自ら創る」

「人生は一度きりよやりたいことをやらなきゃ」

といったパワフルでエネルギッシュな彼女ならではの名言もたくさん!

シンプルなニットに月モチーフのおおぶりのネックレスや、これでもかとつけられたブレスレットやバングルなど、劇中の彼女の装いもオリジナリティーにあふれていて目が離せません。

死後開催された彼女のジュエリーコレクションのオークションでは、シャネルやサンローラン、ケネスジェイレーンなどがドラマティックなコスチュームジュエリーがたくさん出品されたようです。

DV

ファッションって楽しいなあって純粋に思わせてくれる映画でした!

54_cover

彼女が見いだしたことで知られるケネスジェイレーンデザインのブローチがございます。

こちらもぜひご覧ください。

ショップカードが新しくなりました。

新しいショップカードを作りました。
今回特別に印刷に立ちあわせていただきましたので、その模様をご報告します!

カードは活版印刷で印刷することに決まりました。
印刷屋さんに伺うと、データがこんなかたちの版に!

han
難しいかなと思った細かな線もきれいに版にしていただいていて、感動です。

印刷機はハイデルベルグ!見た目もかっこいいです!

image

ハイデルベルグはドイツの印刷機械を製造している会社です。
数年前、品川にあるハイデルベルグ・ジャパンへ伺ったことがあるのですが、
その時に聞いた社員の方のプレゼンが今でも忘れられないくらい印象に残っています。
会社員の頃、プレゼンの機会がある度にあのおじさまを思い出していました。
お元気かなあ。

久しぶりにこの機械と再会し、自分の印刷物を作成するんだなと考えただけで気持ちが高ぶります。
色はピンクです。
機械にインクがのっていきます。

image_1
何度か刷って調整していただき、できあがったものがこちらです。
……と見せたいところですが、実物を見ていただきたいので、公開は控えます。

活版印刷ならではの凹凸があり、発色もとてもきれいなものができたのでご期待ください。
新しいショップカードを持って、来年はたくさんの方とお会いしたいと思っております。
何卒よろしくお願いいたします。

ブローチの使い方

ブローチの使い方がわからない……というお声をよく耳にします。

お洋服につけるだけでなく、ストール、マフラー、バックに帽子といろいろなものにつけていただけるブローチ。
本当はとっても便利なものなのです。

ココ シャネルはこう言っています。

「何かコレクションを始めるなら、まずブローチから始めてみるのがいいわ。
だってブローチは一番必要とされているのよ。
スーツの襟やポケットや帽子、ベルトやガウンにだってつけられるんだから。」

cocochanel
ブローチは髪につけて、ヘアアクセサリーにもなります!
実際につけてみるとこんな雰囲気に。

RIMG0396-1

また、金属アレルギーでネックレスやイヤリングなどがつけられない方も
ブローチならお楽しみいただけますよ。
これからこういった使い方や、実際につけた時の雰囲気をお伝えできるよう、
スタイリング方法などもご紹介させていただこうと思っていますので、
ぜひご期待ください!